HOME > 刊行図書ご案内 > 畑作物の水質環境

畑作物の水質環境
食の安全とおいしさを求めて

畑作物の水質環境

≪概要≫

鈴木光剛 著

社団法人畑地農業振興会 平成15年 発行

A5判 約190頁

4,114円(送料税込み)

≪内容≫

水は、作物、土壌、根圏、地下水、河川の各媒体を通して循環し、同時に水質を構成する物質も水分子とともに移動している。この循環過程で、人間と作物及び土壌、河川環境に最適な調和はどのようなものであるか、今、その目安となるガイドラインが求められている。

作物は自然に放っておいては育たない。自然に内包された自己管理システムを使った上での人為的管理が必要である。そこでの自然の生態系を生かした上での人為的な管理には、人と自然の釣り合った調和が生まれる。

安全で、おいしい作物を作るためには、きれいな用水が必要である。水環境がきれいであればあるほど作物はおいしくなる。灌漑用水の安全性に関しては、用水の水源となる河川、湖沼の汚染の問題、作物への病気の伝染と防除の問題、特に最近水源で発生するアオコの問題については環境汚染ばかりでなく灌漑用水への毒性が問題にされている。

本書では、安全でおいしい作物生産を目標として、それに必要な水環境と土壌環境のあるべき姿を追求した。

≪目次≫

第1章 序論

第2章 水系汚染と作物汚染

第3章 畑地灌概用水に及ぼすアオコの影響

第4章 アオコの毒素とその防除

第5章 品質指向の栽培と水質環境の制御

第6章 地下水中の物質分散系が畑地灌概に及ぼす影響

第7章 畑地灌漑における用水の影響圏と水質の適正限界

Copyright (c) AGRICULTURAL UPLAND DEVELOPMENT ASSOCIATION. All Rights Reserved.