HOME > 畑地かんがい技士

畑地かんがい技士養成講習会と資格の登録

1.畑地かんがい技士とは

畑作振興のためには、畑地の基盤整備は主要な要素であり、とりわけ畑地かんがいは、栽培する作物、土壌、地形、営農、流通等の基礎的知識とかんがい施設の計画、設計、施工管理、維持管理にわたる高度で幅広い技術の総合によって推進される必要があります。また、散水技術自体も、スプリンクラーかんがいの外、ドリップかんがい、パイプかんがい、ハウスかんがいを始め、防除、防霜、風蝕対策など、多様化・多目的化・高度化しています。このため、畑地かんがいに関する適切な事業の推進を図るためには、畑地かんがいに関する基礎理論から最先端の応用技術まで、さらに関係する専門技術を習得した技術者の養成が緊要の課題となっています。

本振興会は、畑地かんがいに関する高度な専門技術を有する技術者を養成し、「畑地かんがい技士」として認定・登録する制度を設けています。

「畑地かんがい技士」の資格を得るには、本振興会が開催する「畑地かんがい技士養成講習会」に参加し、その中で登録資格認定試験を受け、一定水準以上の成績に達した方が「畑地かんがい技士の登録有資格者」として認定されます。この認定を受けた方のうち、当振興会に登録申請し登録証が交付されることにより、高度な専門技術を有する「畑地かんがい技士」として登録され、具体的な畑地かんがい事業の計画、設計、施工、管理等の業務に活かし、地域農業の発展に貢献することができます。

(注)「畑地かんがい技士」資格の他に、より基礎的な段階として「畑地かんがい技士補」資格がありますが、平成22年度よりその取得のための講習会及び資格試験制度は廃止しています。

2.畑地かんがい技士養成講習会

畑地かんがい技士養成講習会は、畑地かんがい技士として業務遂行上必要な高度な専門知識の習得を目的として、当振興会が年1回開催しています。多くの方々にご参加いただき畑地農業の振興に貢献していただくことを期待しています。

令和元年度の実施要領は以下のとおりとし、5月1日より申し込みを受け付けています。

  • と き 令和元年9月9日(月)〜9月13日(金)
  • ところ 機械振興会館 研修2会議室(B3)
        〒105-0011 東京都港区芝公園3丁目5番8号

令和元年度 「畑地かんがい技士 養成講習会」

(注)本講習会は、各年度に農業農村工学会「技術者継続教育プログラム」として申請し認定を受けることとしています。CDPマーク

(1)受講資格

受講のためには、次の畑地かんがいの計画・設計・施工・管理に関する実務経験年数が必要です。

畑かん計画・設計・施エ・管理に関する実務経験年数
区分指定学科(注)指定学科以外
大学卒業者・大学院修了者卒後3年以上卒後4年以上
短大・専門学校卒業者〃 4年以上〃 6年以上
高校卒業者〃 7年以上〃 8年以上

(注)指定学科:農業農村工学、農業土木工学、土木工学、機械工学、電気工学(電子工学を含む)または同等の専門課程。なお、畑地かんがい技士補又は技術士補の認定の後、若しくは日本技術者教育認定機構の認定した技術者教育プログラム修了の後、畑地かんがいに関する業務の経験期間が1年以上の者は上記資格以外でも受講できます。

(2) 参加申し込み要旨

参加受講料(一般及び機関誌購読会員) 97,200円(再受講料:47,196円、再受験料 21,600円)

ただし、畑地農業振興会会社会員 54,000円(再受講料:20,736円、再受験料 5,400円)

       〃       団体会員  81,000円(再受講料:30,780円、再受験料10,800円)

① 申込書は先着順に受付けますので、早めにお申し込み下さい。(〆切8月9日)
ただし、定員になり次第締め切りますので、あらかじめご了承下さい。

◆申し込み・問い合わせ先

〒105-0012

東京都港区芝大門1-3-11 YSKビル

一般社団法人 畑地農業振興会

Tel:03-3438-2581 Fax:03-3438-2583

E-mail:tk-hatasin@kub.biglobe.ne.jp

② 申込書受付後、受講料及び振込先口座を通知しますので締切日まで納入してください。受講票は、受講料の納入を確認の上、締切後に当会より郵送します。締切日を過ぎても受講料の納入がない場合は、取消しと判断させていただきます。

③ 受講票は講習会期間中必ずご提示下さい。

④ 学歴、指定学科など疑問がある場合は、振興会にご照会下さい。

⑤ 講習会最終日に資格認定試験を行い、一定の基準以上の成績を得た方に対し、畑地かんがい技士の登録有資格者として認定します。この認定を受けた方は、当会に登録することにより登録証が交付されます。

⑥ 受講料納入後、都合により講習会に参加出来ない場合は、8月16日までにご連絡いただいた場合に限り、受講料は全額お返し致します。ただし、期限切れの場合は半額を申し受けます。

⑦ 以前、畑地かんがい技士養成講習会を受講された方は、格安の受講料となっています。また、希望により講義受講することなく最終日に実施される資格認定試験を再受験することができます。申込書所定欄の「再受講」、又は「再受験」を○で囲み「受講年度」を記入してください。申し込みは、通常の講義受講者と同様の手続きとなります。(再受験のみの方には講義テキストは配布しません。)

⑧ 宿泊は、各自で手配して下さい。

(3) 資格認定試験問題・解答集

近年実施された畑地かんがい技士資格認定試験問題・解答集(A4版80頁)をテキスト送付時に頒布します。(頒布料2,000円:講習会初日に集金予定)希望者は、申込書の問題・解答集欄の希望「あり」を○で囲んでください。

(4) 講習会日程等

月日曜日時間講義内容講 師
9/909:30-10:30開講の挨拶・畑作の新技術名和規夫
(畑地農業振興会 専務理事)
10:30-12:00計画の基本構想と基本計画菖蒲 淳(畑地農業振興会)
13:00-17:00畑地かんがいの多様化と用水計画大槻恭一(九州大学教授)
9/1009:00-12:00畑地かんがい営農計画芦田敏文
(農業・食品産業技術総合研究
機構本部上級研究員)
13:00-17:00ファームポンドと末端灌漑組織の計画と設計伊藤健吾(岐阜大学准教授)
9/1109:00-10:30施設管理組織の計画と運営農村振興局設計課
10:30-17:30送水組織の計画と水理設計樽屋啓之(北里大学教授)
9/1209:00-11:00畑地かんがいの散水機器川西雅俊(畑地農業振興会)
11:00-16:00施設の構造設計と施工、維持管理有吉 充
(農村工学研究部門主任研究員)
9/1309:00-16:00資格認定試験三野 徹(畑地農業振興会 会長)

(注)1.時間、講義内容並びに講師については多少の変更がある場合があります。
  2.資格認定試験に際しては、技術計算用電卓をご持参下さい。ただし、電子手帳など多機能機種は禁止します。

(5) 講習会会場

機械振興会館 研修2会議室(B3)

〒105-0011 東京都港区芝公園3丁目5番8号

TEL / 03-3434-8216〜7 FAX / 03-3437-0813

機械振興会館地図

  • JR山手線・京浜東北線 浜松町駅下車   徒歩15分
  • 東京メトロ 日比谷線   神谷町駅下車    徒歩8分
  • 都営地下鉄 三田線   御成門駅下車    徒歩8分
  • 都営地下鉄 大江戸線  赤羽橋駅下車   徒歩10分
  • 都営地下鉄 浅草線・大江戸線  大門駅下車    徒歩10分

3.畑地かんがい技士の登録、更新、変更手続き

(1)登録

① 登録申請期限

登録の申請期限は畑地かんがい技士登録資格認定証の交付から1年以内です。

登録期日(登録証交付日)は、3月1日及び10月1日となっています。登録を希望される方は、登録申請必要書類を交付日の前日までに当会宛に郵送してください。

② 登録申請手続きに必要な書類

  1. a.登録申請書
  2. b.住民票(マイナンバー不要)
  3. c.卒業証明書(卒業証書のコピー可、A4またはB5サイズ)
  4. d.新規登録料 ¥12,960 (領収書の必要な方は申し出てください。)
振込先 銀行振込:みずほ銀行 浜松町支店 普通預金 1180627
一般社団法人 畑地農業振興会
郵便振替:00120−4−95103
一般社団法人 畑地農業振興会
書類送付先 〒105−1002
東京都港区芝大門1−3−11 YSKビル 6F
一般社団法人 畑地農業振興会

(2) 更新

① 登録証期限

交付された登録証の有効期限は5年です。更新の時期になりましたら登録申請書をお送りいたしますので、更新を希望される場合は有効期限内に手続きを終了してください。

更新の手続きをして頂かない場合は、登録資格が無効となりますので、ご注意下さい。

② 登録申請期限

  1. a.登録申請書
  2. b.更新登録料 ¥8,640 (領収書の必要な方は、申し出てください。)
振込先 銀行振込:みずほ銀行 浜松町支店 普通預金 1180627
一般社団法人 畑地農業振興会
郵便振替:00120−4−95103
一般社団法人 畑地農業振興会
書類送付先 〒105−1002
東京都港区芝大門1−3−11 YSKビル 6F
一般社団法人 畑地農業振興会

(3) 変更

登録後、職場、所在地など登録事項に変更のあった場合は、登録申請書に記入の上必ずご連絡ください。

Copyright (c) AGRICULTURAL UPLAND DEVELOPMENT ASSOCIATION. All Rights Reserved.